活用しやすいマイクロバス

中小規模のグループでの旅行や、学校の部活動などの遠征で活用したいのがマイクロバスです。元々は、日本の大手自動車業者であるトヨタ自動車が生産していた車種の商品名として利用されていた名前ですが、その同様の規格の車種に幅広く用いられる一般名詞となった経緯がある言葉となっており、一般的には、中型自動車である8tサイズの枠内の大きさの車体に、乗車定員を11名から29名までの人数で設定しているバスのことを指し示します。旅行や遠征で少なくはない人数で遠方へ出かける際にぴったりのサイズと言うことができるでしょう。レンタカーといった形で借りることができますが、その運転にあたっては、普通免許ではなく、8t限定なしの中型免許や大型免許が必要となる点には注意が必要です。そのため、マイクロバスを取り扱う多くのレンタカー業者では、ドライバー付きのプランを用意しているケースが多くなっています。利用にあたってはドライバーの料金も込みとなるため車だけ借りるケースと比べて割高となりますが、日常的にこの規格の自動車を運転しなれていないのであれば安全のため、またもちろん法律を守るためにはドライバー込みのプランを活用するといいでしょう。