バス貸切 料金の注意点

バスをレンタルをする事になった時に幹事さんが何に気を付けたらいいのか、要点をまとめてみました。

1.バス待機場所の確保バスはその車体の大きさから長時間、路上で待機できません。配車地の待機場所を指定する場合は、他車の運行の妨げにならないかどうかを確認する必要があります。観光先・視察先では駐車場がどこにあるかもチェックし駐車場のしていまで出来るようになるとなお良いです。
2.遅刻厳禁上記の理由のようにバスは集合時間や行程がかなり重要です。当日遅刻しないように集合時間は余裕をもって設定するといいでしょう。遅刻の時間によっては待機料金が発生する場合もあるそうです。
3.走行中は立ち歩かない、シートベルト着用最近はバスの交通事故も増えてきました。車内ではシートベルト着用が義務付けられていますので、立ち歩きなどはしないようにしてください。料金所などでパトカーが待機していることもあるので、特に注意してください。
4.ゴミは各自で処理、もしくは持ち帰り
5.天候によるキャンセル、行程の当日変更はできない。雨天だから中止というキャンセルはできないことがほとんどです。中止するときはキャンセル料が発生します。

これら5項目は幹事さんなら抑えるようにした方がいいでしょう。幹事さんになるとやる事が多く大変そうですね。